たんぶろどっとねっと

壁紙を中心に書き込んでいます

カテゴリー

最近のコメント

DSC_0001AUのガラホSHF32をヤフオクで買いました。

なぜlgl24アンテナなら私の職場ではAUのLTEの電波が少し前まで入らなかったのです。

最近は4Gの文字だけでアンテナはなかったのですが入るようになりました。

2020年には3Gが無くなるという事で、AUのLTEが入らない職場でこのままAUを使い続けられるのか

という事で、SHF32は3GのないVoLTEなので、試してみたかったからです。

とは言ってもAUで使うのではなく格安SIMのmineoで使うつもりなのです。

そのためにはSIMロック解除をしないとmineoは使えません。

なのでヤフオクで製造番号を調べて利用制限が【〇:ネットワーク利用制限の対象外です。】というものを

ネットワーク利用制限確認で調べて買い、

SIMロック解除の可否判定でSIMロック解除のできる日付を調べないといけません。

ちょうど調べた翌日からSIMロック解除のできる端末があったので落札しました。

SIMロック解除にはAUショップに行きました。地方のショップなので待ち時間で30分

解除作業の時間に30分かかりました。解除作業と言っても担当の人が初めてしますという事で

ほとんど、担当部署を電話で聞く時間がほとんどで、端末に触ったのは製造番号を

調べるために裏蓋を開けた時だけでした、あとは、ほとんどパソコンで作業をして終わりました。

mineoSIMの方は既にあるSIMをmineoマイページから【SIMカード変更・再発行】というところから

【au VoLTE対応SIM】へ変更をしました。切替はマイページで切り替えるまで前のSIMは使える状態でした。

SIMロック解除後にmineoSIMを入れてしなければいけない作業がAUに書かれていました。

 

SIMロック解除の申し込みが完了したau携帯電話でご利用設定
Androidでの利用設定について
<利用設定>
1.ご利用になりたい他社のSIMカードをau携帯電話に挿入する(私の場合はmineoSIM)
2.au携帯電話の電源を入れ、Wi-Fiに接続する
3.以下の操作で設定ファイルを更新する
【設定】【 端末情報】 【SIMカードの状態】 【SIMカードの状態を更新】
※機種によって操作が異なる場合があります。各機種でのSIMロック解除の操作は、取扱説明書の「SIMロック解除について」をご確認ください。
4.設定ファイルをダウンロード後、再起動する
5.設定完了

 

というものでした、そのまますれば完了しました。

で、職場でのアンテナはshf32アンテナ

アンテナは立っていました。偶然かもしれませんが、これでAUの端末は使い続けることが

できそうです。

アプリのインストールは別のスマホからESファイルエクスプローラーでBluetooth経由で入れています。

申込書を出した。問題はMNP予約番号の有効期限。届いた時点で12日無いといけない

つまり3日以内に届かないといけない事になる。

3日後、ぎりぎりの日。携帯が通じなくなった。LTEもつながらなくなった。

マイページを開けてみると、ご利用番号は同じだけれど

タイプとコースが空白になっていた。今まさに更新中!

やがて、ご利用番号が携帯の番号に、タイプがデュアルタイプに変わった。

しかし、携帯がつながらなくなるなんて。

MNPをマイページで切り替えるときだけかと思っていたのだが

それでもLaLa Callだけは無線LANをつなげておけばつながるので助かった。

しかし、バッテリーの減りがいままで無線LANでつないでいたときよりも早い

これは、3Gでも探しているのだろうかと思い、SIMカードは使っていないので外してしまえということで

外してしまった。バッテリーの減りは安定したが、これは誤りだった。

LaLa Callを起動すると「アプリが他の端末のバックアップデータから復元された可能性があります。

復元されたデータで利用すると動作が不安定になる可能性がありますので、

初期化、再設定をおこなってください。」

というメッセージが出てきた。たいした事無いだろうと思っていたが

復帰したとき留守電が入っていたのでLaLa Callも使えなくなっていたのだった。

結論、使えないといってもSIMカードは抜いてはいけない

それから2日後、例の箱に入ってSIMカードが届いた

中身はSIMカードと、[MNP転入切替/回線切替手続き]が両面印刷された紙

SIMカード返却用の封筒の3っつでした。

あとはMNP転入切替をしてLaLa Callを初期化、再設定して終了でした。

しかし、切替した日もあわせると3日、携帯が使えなったことに、

あまり、携帯は使わないしLaLa Callも使えるのでいいのだけれど

すこし、長くない…

封書の中身は

「mineoサービス契約内容変更手続きについて」

「mineo契約内容変更申込書」

「返信用封筒」

の三つだった。

これが、メールに書かれていた「タイプ変更の申し込み用紙」だ

もう一度電話して、また、かみ合わない話をするより、申込用紙を郵送したほうがいいので

申込用紙を使うことにした。

「mineo契約内容変更申込書」

内容は

eoID 氏名 ご利用番号

以下チェックをつけるようになっていた

タイプ変更(シングル⇔デュアル変更)を希望する

変更後サービルプラン
シングルタイプ デュアルタイプ MNPなし デュアルタイプ MNPあり

MNP情報
MNP予約番号 MNP予約番号の有効期限 現在お使いの電話番号

SIMカード形状変更を希望する。microSIM nanoSIM

端末追加購入(機種変更)を希望する
京セラ製 DIGNO(R) M (KYL22S) 分割払い[2,160円(税込み)X24回/台
京セラ製 DIGNO(R) M (KYL22S) 一括払い[51,840円(税込み)/台
シャープ製 AQUOS SERIE (SHL25) 分割払い[3,402円(税込み)X24回/台
シャープ製 AQUOS SERIE (SHL25) 一括払い[81,648円(税込み)/台

端末保障
安心サポートに加入する[399円(税込み)/月] 安心パックに加入する[595円(税込み)/月]
加入しない

裏面には
本人確認書類を添付する枠があり
運転免許証(写し)又はパスポート(写し)又は健康保険証(写し)

を添付するようになっていた。メールでは同封となっていたが、実際には

枠内に糊付けするようになっていた。

1 2 3 25